電気自動車用普通充電器コンセント

AC100V,AC200Vコンセント

現在、電気自動車用の充電設備は大きくわけて2種類が発売されています。普通充電設備と言われる、AC100V,AC200V電源のコンセントを利用するものと、急速充電設備といわれる、三相200V電源を使うものです。これらのAC100V,AC200V,三相200Vの各電圧によって、充電のスピードが全然違います。また車種によって搭載しているバッテリー容量も違いますので、充電にかかる時間も一定ではありません。更には、充電をする時間帯によっては電気代も違ってきます。

普通充電設備のAC100V、AC200Vのコンセントで充電にかかる時間と急速充電器での充電にかかる時間を車種別にまとめてみました。

AC100V(15A) AC200V(15A) 急速充電器(三相200V,50KW)
三菱
i-MiEV
14時間 7時間 約30分(80%)
スバル
プラグインステラ
8時間 5時間 約15分(80%)
日産
リーフ
16時間 8時間 約30分(80%)

AC100V電源に比べ、AC200V電源で充電するとほぼ半分の時間で充電(0~100%)が完了します。実際は0%から充電を始めるケースはほとんど考えられないので、充電にかかる時間はもう少し少なくなるでしょう。

おトク情報!

電力会社では、夜間の余剰発電を無駄にしないようにと各種割安の契約プランを用意しています。東京電力管内での夜間の契約プランのなかでは「おトクなナイト8&10」というプランがあり、電気自動車の夜間充電に向いているようです。

グラフ

出典)東京電力ホームページ

おトクなナイト8は、夜11:00~朝7:00までの電気代が通常の6割引きになります。そのかわり日中の時間帯の電気代が若干高くなりますが、上手に活用すれば、かなりお得になります。最近の電化製品は、ほとんどがタイマーを内蔵していますのでそれらを活用します。

例えば、

  • ・ご飯は夜間もしくは早朝に炊く。
  • ・洗濯機は夜間もしくは早朝に機動させる。
  • ・食器洗い乾燥機は夜寝る前に機動させる。
  • ・電気自動車用コンセントにタイマーを設置して
  •  夜11:00から朝7:00の間に充電をする。

おトクなナイト8&10の契約プランに変更するには、電力会社にお客様から直接電話をするだけで変更出来ます。(電気工事は必要有りません)

この契約プランに変更して本当に電気代が安く出来るかどうか不安だという方は電力会社に一週間ぐらいデータを取ってもらってから、契約変更する事も可能です。詳しくは電力会社にお問い合わせしてみてください。

AC100V、AC200Vコンセント

  • 標準工事には、電気自動車の充電をするために最低限必要な設備工事を掲載しています。
  • AC100V,AC200V共、共通の工事内容ですがブレーカ、コンセントの形式・形状は各電圧に合わせたものを設置します。
【標準工事】標準工事に含まれる内容 = (1)+(2)+(3)+(4)
  • (1)分電盤から専用回路(電源線+アース線)を配管・配線(注1)します。
  • (2)分電盤内に電気自動車コンセント用の専用ブレーカ(注2)を取り付けます。
  • (3)充電用コンセントは屋外用の防雨ボックスの中に取り付け、手元スイッチ(注2)
      設置します。(完全に雨のかからない場所にコンセントを設置する場合は、この限りでは
      有りません)
  • (4)ガレージ、車庫付近のご希望箇所にコンセント(注3)の設置工事を行います。
            
  • 注1)電源線の保護のため、VE(塩ビ)管、PF配管します。
      分電盤内にアース工事が為されていない場合、コンセント付近にアース棒の打設工事を致します。
      (内線規定1350-1)
      オプションとして将来の充電設備の容量の増加を見据えて、30A対応の電線を配線し、
       AC100V,AC200Vの両電圧を多目的に使用、対応出来る単相3線式での配線工事も承ります。
  • 注2)分電盤内にブレーカ増設のスペースが無い場合は、屋内用のフリーボックスを分電盤近辺に配置し、
       その中に電気自動車専用ブレーカ(他、タイマーなど)を取り付けます。
  • 注3)電気自動車のメーカー指定の車種に適合した形状のコンセントを設置しますが、
       新ロック機構付きコンセントの設置を希望される方は、別途変換プラグ付きの延長コードを
       電気自動車のメーカーよりご用意お願い致します。雨風や日射、充電中の漏電などの防止の目的により、
       屋外用の防雨ボックスの設置を致します。
      (内線規定3202-2)
  • AC100VのコンセントとAC200Vのコンセントでは、それぞれ専用ブレーカ、
      コンセント共、規格が違いますのでそれぞれに対応した器具を取り付けます。
  • 充電時には最大15Aの電流が流れますので、電力会社との契約アンペアによっては
     メインブレーカー(アンペアブレーカー、または主幹ブレーカ)が落ちる可能性が
      有ります。その場合には、契約アンペアを変更(増量)する必要が有ります。
      (当社にて工事可、工事費別途、要見積になります)
  • 単相2線式100V30Aの契約されている方は、200Vコンセントの設置が出来ません。
     その場合には、単相2線式から単相3線式への工事が必要になります。
     (当社にて工事可、工事費別途、要見積になります)
  • 東京電力では、夜間の電気代が割安になるプランがいくつか有りますが、
      深夜電力、第2深夜電力のプランですと東京電力所有のタイマー制御により、
      昼間の時間帯の充電が出来なくなりますので夜間の契約をご検討されている方は、
      ご注意ください。
2011年2月 文京区白山 T様邸
日産リーフ用充電コンセント取付工事

画像をクリックすると画の説明文と画像が大きく表示されます。
2011年8月 豊島区高松
三菱アイミーブ用充電コンセント取付工事

画像をクリックすると画の説明文と画像が大きく表示されます。
2012年4月 新宿区四谷 T様邸
日産リーフ用充電コンセント取付工事

画像をクリックすると画の説明文と画像が大きく表示されます。

Blog

関連工事

新ロック機構付きコンセント

電気自動車と急速充電器は、経済産業省が実施している「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっています。購入にあたり、「一般社団法人 次世代自動車振興センター(旧・電動車両普及センター)」に申請し、審査・交付決定されることにより、補助金交付を受けられます。補助金制度には対象車輌・充電器がありますので、詳しくは一般社団法人 次世代自動車振興センターまでお問い合わせください。

株式会社浜崎電気

東京都電気工事工業組合
東京電力 計器・アンペアブレーカ
委託工事店加盟
〒162-0801
東京都新宿区山吹町336番地 林ビル1階
TEL:03-5579-2928
  • 地図
  • お問い合わせはこちら

TOPページ

防犯対策おすすめシステム
一般住宅向け安心・便利・省エネ商品
オフィス・事務所・店舗向け省エネ・便利商品
LED照明取り付け工事

LED関連の補助金

一般コンセント&スイッチ

アンペア増減・引込関連

店舗をおしゃれにライトアップ!ライティングレール(ダクトレール)のご紹介

価格表

  • オフィス・事務所・店舗向け各種電気工事
  • 当社の電気工事施工事例
  • お問い合わせから施工までの流れ
  • LED関連の補助金
  • よくある質問
  • 運営会社

電気工事のブログ

電気自動車用普通充電器コンセント

正社員協力会社募集 詳細はこちらから

対応エリア:新宿区、文京区、豊島区、千代田区、中野区、渋谷区、港区

新宿区・文京区・豊島区・千代田区・中野区・渋谷区・港区・台東区・中央区

住まいの電化はパナソニック エキスパート工事店

東京電力計器・アンペア
ブレーカ委託工事店

東京都電気工事工業組合加盟

株式会社 浜崎電気
定休日:祝祭日(不定期)
営業時間:8:30~20:00
〒162-0801
東京都新宿区山吹町336番地
林ビル1階

03-5579-2928

土日、祝祭日の工事も承ります

株式会社 浜崎電気 オフィシャルサイト

コンセントをこまめに抜こう。エコ製品を選んで 買おう。チャレンジ25